不動産投資で家賃収入を - J-REITガイド

8977 阪急リート投資法人

8977 阪急リート投資法人

◆8977 阪急リート投資法人 投資証券
URL:http://www.hankyu-reit.jp/
分類:総合型(商業施設中心)
運用会社:阪急リート投信株式会社
スポンサー:阪急電鉄株式会社


現在値(15:00) :  前日比: %800 %7.35%
FFO倍率(≒PER)(予想): 6.15
NAV倍率(≒PBR)(実績): 0.23
配当利回り(予想): 16.26%


◆運用方針

中長期的な安定収益の確保と運用資産全体の収益性の維持・向上を図るため、賃貸収入や稼働率の維持・向上、適切な管理・修繕による資産価値の維持・向上、管理コストの適正化及び削減を目的とした運用管理を行う。


首都圏並びに全国の政令指定都市及びそれに準ずる主要都市を投資対象エリアとし、関西圏への投資比率は、原則としてポートフォリオ全体の投資額の50%以上(取得価格ベース)とする。




分配金

◆決算月 5月・11月

決算期 1口あたり分配金(円) 1口あたり純資産額(円)
2013年(平成25年)11月期(予想) 12,700  
2013年(平成25年)5月期 11,806 659,872
2012年(平成24年)11月期 12,228 660,294
2012年(平成24年)5月期 12,324 660,390
2011年(平成23年)11月期 12,688 660,753
2011年(平成23年)5月期 12,694 660,759
2010年(平成22年)11月期 12,415 660,481
2010年(平成22年)5月期 14,310 662,376
2009年(平成21年)11月期 11,611 659,677
2009年(平成21年)5月期 17,365 665,430
2008年(平成20年)11月期 15,342 663,407
2008年(平成20年)5月期 14,990 663,056
2007年(平成19年)11月期 13,572 661,638
2007年(平成19年)5月期 14,955 514,955
2006年(平成18年)11月期 13,723 513,723
2006年(平成18年)5月期 13,579 513,580
2005年(平成17年)11月期 18,962 518,962



資産構成比率(取得価格ベース、平成24年11月30日現在)

商業用途 63.7%
ホテル用途 10.7%
事務所用途 25.1%
その他 0.4%



ロケーション比率(取得価格ベース、平成24年11月30日現在)

関西圏 69.6%
その他 30.4%



8977 阪急リート投資法人 RSSフィード


▲ページの先頭へ戻る トップページ